リサイクルトナー

文章や画像など、様々なものを印刷するのに利用されるのがプリンターというハードです。
個人では勿論のこと、ビジネスでは必要不可欠なのものとなっていますので、ほとんどの会社に設置されていることでしょう。
このプリンターを利用するためには、紙とインクが必要となります。


プリンターへ挿入されるインクは「トナー」に入っているものを使用し、切れた場合には廃棄して新しいものを購入する、というのが通常の流れです。
かつては大抵のプリンタートナーに非純正品の安価なものが存在していたのですが、インクカートリッジの互換品は特許法の違反であるという判決が出てしまったため、最近ではかなり見ることが少なくなりました。
では、安価にトナーを購入する方法はないのでしょうか?
互換品トナーの代替として、新たに登場している安価なトナーであるのが「リサイクルトナー」です。
リサイクルトナーは非純正品を作るというものではなく、純正品をリサイクルことによって使用する、というサービスです。


リサイクルトナーは純正品に比べて安価に購入することが出来る上、非純正品に比べて不良率が低く、安定して使用出来るというメリットがあります。
では、このリサイクルトナーはどのようにして作られているのでしょうか?
この先のページでは、「リサイクルトナーができるまで」と題し、このトナーが作られていく過程について紹介します。


安価になる理由がこの過程の中に隠されています。


Copyright © 2014 リサイクルトナーができるまで All Rights Reserved.